記事の詳細

看護師市場は常に不足状態です。シングルマザーで働く場合も、条件さえ合えば転職なり再就職は可能です。
どちらにしても自分が希望する最低限の条件ははっきりと決めておく必要はあります。

まず、一番最初に考えることは「生活するために最低限必要は金額はどのくらいか?」ということ。
ここが決まらないと先には進めません。次に、

29
  • 夜勤は可能か?
  • 急な休みはOKか?
  • 託児所はあるのか?
  • 看護師寮など住居の提供があるか?
  • マイカエアー通勤は可能か?

など、小さなものも上げていくと
キリがなくなってしまうと思いますが、
できるだけ自分の希望は明確にしておく必要があります。

 

30さらに、自分のアピールできるポイントも用意しておくようにしましょう。
特に、「子供が急に発熱しても近く住む両親が預かってくれる。」など、
子供の預け先があるというのは大きなアピールポイントになります。

シングルマザーだからこそ正社員で働く必要がある場合もあります。
子供が小さくて…という方も多いと思いますが、強制的に大黒柱にならざる負えないのが
シングルマザーの辛いところ。正社員になるメリットは社会保険や厚生年金、昇給やボーナス、各種手当など、パートでは受けることにできない恩恵がたくさんあります。

看護師は離婚率が高いと言われていますが、給与が高いので女性が自立できる職業でもあるとも言えます。
復職でも30万円前後の高給与を取ることが可能です。

お子様のためにもご自身のためにも前向きに転職先を探すことをお勧めします。

 

review_5 新着案件多数!看護師さんに人気の求人 review_5

248  250  249

251

114 115

シングルマザーのその他の口コミを全てみる>>

知らないと損する!看護師転職特集

130 132 131

本当はどうなの?看護師の転職事情

133 134 135 136 267 266
ページ上部へ戻る